ごあいさつ

理事長メッセージ

私ども末広橋病院は、昭和27年に前身の「山の下病院」として開院し、約65年が経過いたしました。この半世紀以上の長きにわたり地域の皆様の医療機関としての役割を果たして参ることができましたのは、多くの方々のご支援とご協力の賜物であり、心より感謝いたしております。 近年の精神医学の進歩は目覚ましいものであり、また精神医療の重要性は益々高まっております。私どもは、このような状況に対応するために平成27年に病院を臨港町に新築移転しました。新病院では、個室数を増やし、病室だけでなく、廊下、ラウンジなどの共用部分にも十分なスペースを設け、明るく快適な空間の下、医療を行えるよう目指しました。また、「電子カルテ」を導入することで、患者様の状態を関係各部署で共有できるようにし、より質の高い医療を提供できるように取り組んでおります。 末広橋病院の役職員一同は、病院の基本理念である、「医の倫理に基づき地域社会に良質な医療を提供し、ご家族にとっても安心して治療を託することができ、 常に患者さまの立場になって医療を進める病院であること」を念頭に、より一層、地域の皆様のご健康をお守りするため全力で取組んでまいる所存でございますので、皆様方におかれましても、引き続きご指導、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

理事長 鈴木 雄太郎